Windows 7 サポート終了は2020年1月
どうする?データ移行・データ引越し?!

Windows 7 の終焉まで「500日」


Windows 7 の延長サポート終了期限はご存知ですか?そう、2020年1月14日です。

OSのアップデートで済む場合と、端末ごと交換する場合とでは対応がことなり、保有台数によってもさまざまです。

Windows XPの時のようにMicrosoftからの移行ツールは提供されていない。

(2018年9月1日時点)


OSやアプリケーションは購入したりバージョンアップで対応できるが、データはそうはいかない・・・

どうする?データ移行?!

Windows 10 のパフォーマンスはこれだ!

パソコンをご利用の人ならわかるだろう。最大のストレスはレスポンスである、と  Windows 10では

  1.  パソコン起動時間 2倍
  2.  アプリケーション起動時間 40%UP
  3.  Webブラウジング処理速度 1.8倍

と、従来比大幅にパフォーマンスの向上を実現

そして、最新PC自体が軽量化・長時間バッテリー・最新のCPUなどにより​高速化・最適化されこれからのビジネスを支えていく時間効率を大幅に引き上げてくれるだろう

Windows 10の7との比較・大幅な向上項目


把握

確認

現在の契約状況を確認しましょう!アップグレード権の有無、機器の契約期間などお客様・機器・契約単位ですべて違うのです​

事前準備

手作業でやる、外部委託する、自動化する、ソフトを使う、クラウドを使うなど選択肢は無数に存在​

稼働

2019年〜20年の年末年始に駆け込むのはやめましょう 早めの対策で業務やスケジュールに支障が出ないように

2つのソリューションをご検討ください

バックアップソフトを活用したデータ移行ソリューション

バックアップはすべて全自動化され、複数端末専用だから作業工数・移行時間・トータルコストを低減できます。移行後の継続利用によりTCOは数百円レベルを実現します。

仮想化サービスを活用したデータ移行ソリューション

ユーザーディレクトリを仮想化。見た目が全く変わらないのでITリテラシー問わず、PC保有台数にかかわらずご利用いただけます。テレワークやリモートワークにも有効です。​

バックアップ : データ移行を安全、確実に。紛失リスクを限りなく「0(ゼロ)」に。

多くの導入企業様の声により製品は進化。あらゆるニーズに対応できます!その一例をご紹介

PCが重くならない?個々に依存しない?難しいのは嫌だ リアルタイム
簡単ってみんないうけど、どう簡単なの? オートリストア
移行のためのコストはかけたくない 継続利用
買い替え時だけでなく事前・運用のサポート体制は? 純国産の信頼性

バックアップ to リストア

PC交換前にバックアップの仕組みを構築する必要があります。それにより、交換直前までのデータはすべてサーバーで管理。新しいPCを用意しソフトウェアをインストール。オートリストア機能を使えば、移行したいデータは自動で移行可能。

また、複数台同時に処理できるので多くの端末を持つ企業にとっては計画的な移行が可能となり工数削減に役立つでしょう。​

ファイル仮想化 : データレスなPC環境を。最新のクラウドソリューションでデータ保護を実現。

見た目は従来のデスクトップそのもの。使い勝手が変わらない、多くのパブリッククラウドに対応した新しいカタチを提案​

仮想化って高いでしょ?導入見送ったんだけど もう1度検討を
台数が多くないのでメリットがないと思う 5台からOK
リモート接続と何が違うの? PCそのもの
制限があるのはダメ!不満が多く出るのは困る 教育不要

クラウドへの認証のみ

​PC交換前に仮想化する必要があります。それにより、直前までのデータはクラウドストレージで管理されます。新しいPCを用意しソフトウェアをインストールするとデータをそのまま表示することができ、まるでスマートフォンの切替えのようなイメージをお持ちいただけるでしょう。インターネットに接続すればご利用いただけるのでPC交換の場所を固定しません。

まさに、これからの時代にあったいつでも・どこでもを実現する

クラウドソリューションです。


お問い合わせはこちら


本サイトは株式会社アール・アイが運営しております。

ご入力いただいた個人情報および内容につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づき厳粛に管理いたします。

https://www.ri-ir.co.jp/privacy/